禁煙薬と電子タバコとは全くの別物だった!

禁煙をする商品は多種多様に存在しますが、その中でも特に有名なのが、チャンピックスと電子タバコだと言えます。
ただ、この2つは禁煙のための商品ではありますが、全くの別物だと言えます。

電子タバコは、簡単に言えばタバコを吸っているような感覚を味合うための商品です。
したがって、精神的に禁煙を支える側面が強いのです。

もちろん、電子タバコで禁煙をできる人もいるでしょう。
しかし、あくまでも味わえるのはタバコを吸っている感覚なので、実際にタバコの味を満たせるわけではありません。
そのため、一時的には効果があっても、その後またタバコを吸ってしまうケースが多いのです。

一方でチャンピックスは、ちゃんとした薬となっているので、精神的にも肉体的にも禁煙を支えてくれるのです。
タバコが吸いたくなる衝動を、チャンピックスに含まれている成分がしっかりと抑えてくれるのです。

だからこそ、電子タバコよりも禁煙ができる確率が高いと言われていますし、禁煙をしたい人に最もオススメされる商品でもあるのです。